SSブログ

[Stan] Modeling wiggly covariate relationships (AHM 10.14) [統計]

Applied Hierarchical Modeling in Ecology 10.14節の「曲がりくねった共変量関係のサイト占有モデル」をStanに移植しました。

元のBUGSコードでは線形予測子に、beta1[2]*Xocc[i,2] + beta1[3]*Xocc[i,2]alpha1[2]*Xdet[i,2] + alpha1[3]*Xdet[i,2]という部分があって識別不可能な気がしていて、というかそれぞれbeta1[2]*Xocc[i,2] + beta1[3]*Xocc[i,3]alpha1[2]*Xdet[i,2] + alpha1[3]*Xdet[i,3]の誤りのような気がするので、修正したコードでもためしてみました。

Stanコードです。hypermodel.stanが元のモデル、hypermodel2.stanが修正したモデルです。

結果です。

元のBUGSコードでえがいた結果のグラフです。本のFigure 10.17とちがってみえるのは、Rの乱数がかわったせいです。
Rplot00.png

識別不可能な部分をそのままにした結果です。だいたいBUGSと同じ結果です。
Rplot01.png

識別不可能な部分を修正した結果です。事後平均だけだとあまり変化はありませんでした。
Rplot02.png


タグ:STAn AHM
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント