SSブログ

共著論文出ました [仕事]

共著論文が公開されております。

Mizuki et al. (2020) Seasonal and annual fluctuations of deer populations estimated by a Bayesian state–space model. PLOS ONE 15(6): e0225872.

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

論文出ました [仕事]

Itô (2020) State-space modeling of the dynamics of temporal plant cover using visually determined class data. PeerJ 8:e9383.

植生被度階級のデータから、状態空間モデルで実際の被度の変化を推定したものです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

森林学会も中止 [仕事]

森林学会も中止とのことです。まあやむを得ないところか。

タグ:森林学会
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生態学会中止 [仕事]

第67回日本生態学会名古屋大会は中止

ポスターをつくっていたところなので、ちょっと脱力中。

とりあえず、宿はキャンセル。景気がさらに悪化しそう。

タグ:生態学会
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

論文でました [仕事]

論文が出ました。

トドマツ人工林伐採後の地がき施業によるカンバ等の更新への効果

地味にStanをつかったり、アヒル本を引用したりしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019北方森林学会発表 [仕事]

第68回北方森林学会大会で、「13年生シラカンバ伐採後の萌芽発生」と題して発表しました。発表ポスターはfigshareで公開しました(DOI:10.6084/m9.figshare.10116536.v1)。

2019BFS.png


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019生態学会最終日 [仕事]

データの質と量に応じたニホンジカとイノシシ個体数推定モデルの開発と適用」へ。
質の良いデータを行政に提供してもらうためには、それにより、どの程度管理が楽になるのか定量的に示す。推定した個体数を管理に生かす。また、実務にあたる市町村に野生動物管理の専門家が配置されるように提言する、といったことが議論されました。

午後は離脱して、ことしの生態学会はおしまい。来年は名古屋。

タグ:生態学会
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019生態学会4日目 [仕事]

自分のポスター発表。2名くらいの方には関心をもっていただいたようだ。

午後は受賞講演。その後、打ち合わせ。その後、懇親会まで「3誌合同出版による日本発生態学のさらなる発信に向けて」。論文ダウンロード数が売り上げの配分に影響するということである。

その後、懇親会。
IMG_6127.jpg
鹿や猪の料理もありましたが、例によってすみやかに消費されました。
タグ:生態学会
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019生態学会3日目 [仕事]

午前は、生態学者×実務者 —自然環境の保全から活用に向けた社会構築の道筋を考える—へ。実務者から生態学者へは、政策の根拠となる論文が求められている(これは行政でも同様であろう)。論文はオープンに、実務家向けには日本語で。課題については、多様な主体の間での相互の意思疎通が必要。学会にも実務家が参加しやすい環境づくりを、とのこと。鳥学会では市民科学からの参加者も多いような気もするが、どうだろうか。

用事があるので、昼前にポスター会場へ。コアタイムのあとは、某所シカのベイズモデリングのうちあわせなど。

タグ:生態学会
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2019生態学会2日目 [仕事]

2日目午後から参加。

植物生理生態からLandscape ecology and Ecosystem managementへ。公開講演会は立ち見だったので、数理へ。M01-08 粕谷英一「モデル選択後に統計的検定を行うと検出力にどう影響するか」。モデル選択後に検定して検出力がよくなるのは、第1種の過誤を制御できない条件下なので、やっぱりモデル選択後の検定はダメ。今後はダメージコントロールが課題。

自由集会 W13 ノンパラメトリック検定の過去・現在・未来~分布を仮定しないデータ解析
  • Brunner-Munzel検定でも、Fligner-Policello検定でも、非対称な分布で分散が違うと、第1種の過誤の制御はうまくいかない(平均値はもちろん、中央値でもサンプルサイズが大きくなると悪くなる)。そもそも形が違うとまったくだめ。
  • これらの検定の帰無仮説はstochastic equalityだが、これは中央値が等しいこととは違う。
  • U統計量は推移性がない。
  • データがたくさんあれば、ブートストラップで。
  • Kolmogorov-Smirnovでは分布が違うことはわかるが、大小関係には答えてくれない。



自由集会 W19 ビッグデータ時代の統計とシミュレーション
  • 関数データ解析はなかなかよさそう。
  • Rではfdaパッケージ
  • Lassoは生態学でももっと使われていいだろう。


きょうのかいもの


タグ: 生態学会
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感